後藤真希、挙式・披露宴……相手は弟の共犯者じゃないしプリクラの人でもないと思う理由

写真:デイリースポーツより

昨年7月22日、まさに7ヶ月前、後藤真希は結婚を報告しました。
そして今日、その男性と東京近郊のホテルで挙式・披露宴を開きました。

今日は東京マラソンもあり、そして2が重なるのでネコの日みたいな感じで方々で盛り上がってます。
僕のスマホにもネコ関連のアプリの紹介が来ました。

相手が一般男性ということなので、また、ただでさえ注目を浴びるので、東京マラソンによってある意味カモフラージュさせたかったのか知りませんが、一応今日は仏滅です。
そういう六曜の話をする方がという声も聞こえそうですが、まぁ普通は大安や友引じゃないかなと思ったもので……。

しばらく芸能界から離れ、モーニング娘。OGとしてテレビ復帰を果たしたばかりです。

結婚報告からの周囲の展開

昨年7月の入籍報告には20000件を超える「いいね!」と2800件を超えるお祝いの「コメント」が寄せられました。
また後藤真希は13歳でモーニング娘。に加入しデビューしたことから母を亡くしたことや自分で家庭を作ることへの思いを綴りました。

最も僕達が気になる相手の男性のことにも触れ、
・相手は一般の方
・一緒に居て安らぐパートナー
だと紹介しました。

この、彼との出会いが再始動のキッカケになったとも綴りました。

ただでさえ芸能界。
スキャンダルやゴシップはすぐに調べられます。

特に後藤真希の場合は両親だけでなく、姉や弟のこともありましたし、自身が立ち直れない程の状況でしたからね……

「相手の男性はどんな人間か?」・「今までの交際遍歴は?」等々……、宿命というか、調べられ、それを警戒しての今日の挙式・披露宴だったと思います。

一部報道内容では後藤真希の結婚相手は強盗傷害で逮捕されて出所している弟の共犯者だったとも言われていて、ブログへの祝福コメントに泥を塗る情報もあります。

これは週刊誌に載った記事が発端ですが、僕は違うと思います。

違うと思う根拠

そもそもこういう話になったのは、弟の逮捕時に共犯者の年齢も勿論紹介されるわけですけど、結婚報道で後藤真希の相手が一般男性会社員、後藤真希より3歳年下、地元が一緒、7年から8年前に出会った、ということから、弟の逮捕時に後藤真希は22歳だから3歳年下ということなら紹介された共犯者の「19歳の会社員」が一致します。
地元が一緒というのもね。

でもね、その弟が逮捕されたのが2007年で、この事件で後藤真希はハロープロジェクトを脱退し、母親が亡くなったのは2010年でメディアへの露出が殆どないんです。
芸能活動休止発表は2012年。

弟が出所したのは2013年で、もし弟と一緒に逮捕されたのなら、その時は少年院には入っているはずで後藤真希の言う「7年から8年前に出会った」が発表時を基準に計算通り2007年頃に出会っているならそれ以降に弟と、彼氏とされる共犯者は少年院だし、その後に母親がなくなっているので後藤真希がいう「心の支え」には物理的になれないんです。

性格が云々以前に、一緒にいる空間がないんですから……。

それと、2007年にこれまた週刊誌がスクープした後藤真希の隣に映っている男性とのツーショットプリクラですけど、これも発表時の後藤真希の年齢から逆算して相手男性はは17歳以下ということになりますが、どう見てもそうは見えないでしょう?

この画像の男性が後藤真希の旦那という線はないですね。

事実、「男性は窃盗メンバーではなく交際報道があった男とは別。後藤祐樹の後輩であることは間違いないがあの事件とは全く関係ない。建築関係の会社で真面目に働いている」と断言する芸能関係者の証言もあります。

不幸を売りにして芸能活動をするのも、それが本人のやり方なら何も言いませんが、そうではなく、色々辛い経験を通して、自分も大変な目に遭って、そういう時に支えてくれた人とパートナーとしてこれからやっていきたいと結婚し、今日、挙式・披露宴を行った……何かと話題を集めてしまう後藤真希とその家族ですが、それを乗り越えようと今日お披露目もしたわけです。

今後の結婚生活に今からネガティブなことを言う人も見ますけど、若い内から苦労を重ね、辛い経験をしているだけに、後藤真希がブログでも語っていた「幸せな家庭」を築いて欲しいと願います。

どん底を味わえば、それでも傍にいてくれた人を大切に想うものです。
そしてそういう人の為にもと、ゆっくりでしょうけど元気が出て、頑張ろうと思えて、それ故の復帰だと思います。
仮に復帰がどうなろうと、築く家庭そのものは幸せであって欲しいですね。

スポンサーリンク
書いてました独自ドメイン – レクタングル大
書いてました独自ドメイン – レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
書いてました独自ドメイン – レクタングル大