AGAのCMに出演するラバーガール……AGAって何?AGAの説明と現状を紹介!

最近、AGAのCMに出演するタレントとして、ラバーガールの露出度が増えています。

AGAって何でしょうか?
AGAとは男性型脱毛症のことです。

Wikipediaでは、

男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう、androgenetic alopecia、androgenic alopecia、alopecia androgenitica、AGA)は、主に男性に見られる脱毛の状態である。男性の場合、この状態を「male-pattern baldness」とも呼ぶ。(訳注:「andorogenetic alopecia」は字義通りに訳せば「男性ホルモン型脱毛症」となる。「男性型脱毛症」という訳はむしろ「male-pattern baldness」に近いが、日本での通例としてこの訳を用いた)AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。

とあり、「主に男性に」とあることから、何も男性だけがというわけではありません。

同じくWikipediaに、

女性の場合には「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれる。男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなる。完全な禿髪になることは稀である。

そして続けて、

AGAには遺伝的、環境的な種々の要素が関わっている。多くの研究者がAGAのリスクとなる要素を研究しているが、その多くはいまだ不明である。リスクの一つとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)がある。男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つ。

AGAのチェックには、同じくWikipediaに、

AGAチェックは毛髪のDNA配列を解析することによってAGAのリスクとフィナステリドの効果を判定する検査であり、専門の医療機関で受けることができる。

とあります。

スポンサーリンク
書いてました独自ドメイン – レクタングル大

治療法は?

治療薬としては、ミノキシジル、AGAに男性ホルモンが深く関わってることから抗男性ホルモン薬としてフィナステリド・デュタステリド・ケトコナゾール・ノコギリヤシ・キャピキシルなどがあります。

しかし、先程にも書いたAGAチェックを含めて、「全て保険適用外」なんです。
というのも、AGAは「病気として扱われてない」からです。
脱毛症自体に痛みがあるわけではなく、何かしらの治療をしないと身体・生命に危険が及ぶわけではないからです。

ただ、この脱毛症故に周囲が気になって引きこもる人や精神的に負担になって精神疾患にかかる人もいることを考えると、それ自体は病気ではないですが、生活に支障が出る場合もあるので配慮する必要があるとも思います。
しかし、それでも「明確な治療法」がないのも現実です。

こういった薬が使われたのは偶然の産物で、たまたま心臓疾患にかかってる人に服用させると「髪が伸びた」という事例がそれなりに多かったので使われるようになったのです。
でも効くという作用に明確なエビデンス(証拠、医学的根拠)はまだないし、だからこそ今でも悩んでいる人が多く、需要が多い分、発毛・育毛産業は需要過多なのが現状です。

これらの治療の実際

保険適用外なので、何十万から100万はします。
中には何百万費やしたという人もいます。

「明確なエビデンスがない」からこそ、この治療をやれば必ず効果があるというわけではなく、効果が出る人は割合としては低いです。
また耐性というのがありますから、たとえ効果があっても体が慣れてまた元に戻る場合があり、その時は更に強くさせないといけません。
それはただでさえお金がかかるし、保険適用外で効果が保証されないのではじめから効かない人にも場合によっては重篤な副作用があるので「ミイラ取りがミイラ」になってしまいます。

本来、脱毛症で外見的にも精神的にも参ってるのに、そこで効果がなければ金銭面で更に後悔したり、思うように効果が出なくて余計にそういう外見的・精神的負担は大きくなります。

お金が余って仕方がない人は、副作用を考えて大丈夫だと思えばやれば良いでしょうけど、そうでなければきちんと信頼出来る医師に相談してもらってアドバイスをもらったりして(それだけで少なくとも心の負担は少しは減ります)、払える範囲内で育毛剤などを購入したりする方が僕は良いと思います。

つい先日、村上春樹氏が女性に向けて男性の髪についてコメントしましたし、今日、ウィリアム王子が来日しました。
ウィリアム王子は物凄くイケメンでしたけど、日本人として見れば「どうしよう~!」という状態です。
ウィリアム王子は第一王子が生まれた時に、取材を受けて「僕より髪の毛が生えてるよ」とジョークを言いました。
ハリウッドでも、髪の毛が少なくても、というよりそれがアジになってる俳優もたくさんいます。

文化の違いといえばそれまでですが、そういう受け入れる文化も日本に根付いてくれれば、堂々とはいえないけども、悩める人も減るんじゃないか……少なくとも気負いするほどじゃなくなるんじゃないかとは思います。

それでもという時のために、次の記事では、自分で、自宅で安く出来るコスパ最高の方法と、それでもダメな時の方法を書いています。

自分で、自宅で安く出来るベストな育毛法と、それでもダメな時の方法を教えます!
自分で、コスパ最高の、自宅で安く出来るベストな育毛法をまず教えます。 そしてそれだけで終わらず、それでもダメな時の方法を教えます! ...

参考にしてください。

スポンサーリンク
書いてました独自ドメイン – レクタングル大
書いてました独自ドメイン – レクタングル大